川村ひかる 水着デビュー

水着アイドルやグラビアアイドルは、デビューから時間を経て人気が出てきたものもいる。クレアラシル「ぴかぴかフェイスコンテスト」でグランプリを獲得し芸能界デビューしていた広末涼子がNTTドコモのポケベルCMで全国区となり、可憐な美少女キャラとしてグラビアにも進出した。

ショートカットという流行キーワードを生み出し、多くのファンの心を虜にした。ねずみっ子クラブでデビューしていた仲根かすみが、ソロとしてグラビア活動を始めて人気を得る。同じ頃川村ひかるが水着グラビアデビューを飾っている。
posted by アイドル水着わーるど at 19:28 | Comment(0) | グラビアアイドル水着写真集

アイドル水着 河合奈保子&柏原芳恵

柏原芳恵は、1980年6月1日シングル『No.1』でフィリップス・レコード からデビュー。1981年発売の7枚目のシングル『ハロー・グッバイ』の大ヒットにより同期の松田聖子、河合奈保子に並ぶアイドルスターとなった。

またその豊かな胸・豊満なボディ・美貌は、河合奈保子と共に、グラビアやアイドル水泳大会で注目される実績を残した。同期で同郷でもある河合とは「なおなお」「よしよし」と呼び合う間柄で仲が良い。話し方に特徴があり、物まね番組などで80年代には誇張され、よく物まねされていた。

1980年歌手デビューの松田聖子、河合奈保子、柏原芳恵、岩崎良美、浜田朱里、甲斐智枝美、三原順子、1982年歌手デビューの中森明菜、石川秀美、小泉今日子、早見優、堀ちえみ、松本伊代などは、俗に『花の82年組』と呼ばれた。

1980年代前半は、山口百恵引退後の第2期女性アイドル歌手ブームが起きていた時期であり、世間的にも「女性アイドルがグラビアに載っている」という捉え方でしかなかった。また、グラビアもどちらかといえば、アイドル歌手がグラビアで水着を披露する割合がまだ多かった。
posted by アイドル水着わーるど at 00:44 | Comment(0) | グラビアアイドル水着写真集

グラビアアイドルのデビュー

グラビアアイドルは、芸能界に席を置く女性アイドルのうち、雑誌のグラビア、写真集、イメージビデオやDVDへの出演を主な活動とし、主に水着姿の写真を売りにするアイドルの総称。雑誌やネットなどでは、この名前を略してグラドルとも呼ばれる。

グラビアアイドルの主な活動の場は、雑誌グラビアページや広告宣伝媒体のポスターなどの2次著作物。男性誌では、グラビアの被写体次第で売れ行きが左右される非常に重要なファクターとなっている。

グラビアアイドルとして最も重要視される要素は、もちろん外見のビジュアルとスタイル、それを保ち続ける若さである。一般的にグラビアアイドルは芸能界に進出するステップの1つと捉えられており、後に女優、タレント、歌手へ転身していく者が殆どである。

芸能人として本来要求される、会話力、歌唱力、演技力に乏しいケースもある。グラビアアイドルから退いた後も、芸能界で生き残る手段を持ち合わせている例は稀であり、彼女達を世間に送り出すメディア媒体にも限界があるため、新人が次々とデビューする一方で芸能界で芽が出ずに忘れ去られて行く者も多い。
posted by アイドル水着わーるど at 05:48 | グラビアアイドル水着写真集

グラビアアイドル 優香の成功

優香は、デビュー1年後の1998年の第36回ゴールデンアロー賞グラフ賞を皮切りに1999年第37回最優秀新人賞・放送新人賞、2000年第38回放送賞と3年連続でゴールデンアロー賞を受賞し、第40回ゴールデンアロー賞でゴールデングラフ賞の記念表彰を受ける快挙を成し遂げて、グラビアアイドルの地位向上に大きく貢献した。

優香の成功によりグラビアアイドルは、ついにその強固なステータスを業界内に築き上げることになった。この流れに乗るようにアーティストハウス・ピラミッドの柳明日香もフジテレビVQに選出され人気を獲得している。その一方で巨乳グラドル隆盛の中、細身で美乳、ポヤッとした温かみのある顔立ちという新しいタイプのグラドルとして、藤崎奈々子がフジテレビVQに選出。

翌年には山川恵里佳が『ミスヤングマガジン』特別賞を受賞し、イエローキャブに対抗する新たな芸能事務所としてアバンギャルドが注目されるようになる。同路線では子役として長い芸歴を持つ吹石一恵もフジテレビVQに選出されている。

さらにこの年にはテレビ番組「ASAYAN」の企画オーディションで不合格者となったメンバーを集めて結成したアイドルユニット・モーニング娘。の第1期メンバーが活動を開始。後のハロー!プロジェクトの核となっていく。1998年、フジテレビの『ビジュアルクイーン・オブ・ジ・イヤー』に対抗し日本テレビでも独自の自社キャンペーンガールとして『日テレジェニック』の選出をスタート。

第1期メンバーにはティーン向けファッション誌モデル出身の加藤あいと酒井彩名、原史奈(同年「ヤングジャンプ全国女子高生制服コレクション」グランプリ受賞)等に加え、イエローキャブからロリータフェイスと巨乳、モデル並みの長身で注目された佐藤江梨子が選出されている。
posted by アイドル水着わーるど at 17:31 | グラビアアイドル水着写真集

グラビアアイドル 田辺はるか、大久保麻梨子、小松彩夏

『日テレジェニック2004』は元銀行員のお客様係というOL経験をもつアバンギャルドの田辺はるか、パチンコメーカーのキャンペーンガール・ミスマリンちゃんとしてデビューしていた大久保麻梨子、ティーン向けファッション誌出身で「美少女戦士セーラームーン」の舞台で人気を得た小松彩夏らが選出。

また『テレ朝エンジェルアイ2004』には前述の小林恵美、こちらもデビュー前にOL経験のあるアーティストハウス・ピラミッドの新人夏川純が選出された。いずれもグラビアより先に何らかの職業経験を積んでからグラビアの世界に参入してきた人材であり、この傾向は今後もグラビアにおけるもう1つの潮流となっている。

なお『テレ朝エンジェルアイ』は後発であったことや、起用したアイドルの反響が思いのほか少なかったことからこの年限りで廃止になっている。『ミスマガジン2004』では、グランプリに小阪由佳、読者特別賞に山崎真実、審査員特別賞に松嶋初音という純グラドルが選ばれたのに対し、『ヤングジャンプ制コレ2004』では森絵梨佳(「SEVENTEEN」)、平田薫(CANDy)等ティーンファッション誌モデル出身者が受賞。

この頃からティーンファション誌モデルが高校生に進級した時期に合わせてグラビアに進出させる、いわゆる青田買いが増え始め、「SEVENTEEN」の専属モデルだった榮倉奈々や「nicola」の専属モデルだった新垣結衣、リクルート「ゼクシィ」のTVCMでブレイクした加藤ローサなどが代表格となっている。また、既にテレビタレントとして活躍中の眞鍋かをりがこの年の末に自身のブログで伊達眼鏡姿を公開し、これを契機に一気にトラックバック数日本記録を樹立する。
posted by アイドル水着わーるど at 07:15 | グラビアアイドル水着写真集

「グラビアから卒業する者」と「グラビアを卒業せずに並行して次のステップに進む者」

2001年のインリン・オブ・ジョイトイや堀口としみ等から始まる極めて露出の高い水着を着たり、手や花等のアイテムで隠したりしたグラビアに、世の携帯時代を反映して「着エロ」というキーワードが付けられたのもこの頃である。

主にレースクイーンからの転出組や、お菓子系雑誌組などが挑戦して男性誌などで一つの流れを作った。この頃からグラビアアイドルの目指す方向性の2極化が顕著になってくる。つまり女優やテレビタレントに転身する際に、「グラビアから卒業する者」と「グラビアを卒業せずに並行して次のステップに進む者」と、である。

グラビアアイドルのバラエティ番組への本格的進出が顕著になり、特にMEGUMI、若槻千夏を始めとする「芸人並に喋れて面白いリアクションができるグラビアアイドル」の出現がグラビアアイドルの裾野を広げる大きなきっかけとなった。

それまでもグラビアアイドルから転身しテレビタレントとして成功していた例はいくつもあったが、現役グラビアアイドルの肩書きを持ちながらバラエティ番組で成功したという意味では彼女たちが先駆者といってよい。MEGUMIはさらに番組司会や女優、歌手までこなすマルチタレントとして広く認識され、近年のグラビアアイドルの最たる成功例としてマスコミに取り上げられることも多い。

また喋りではなくその特異なキャラクターで同様の地位を築いたのが小倉優子で、グラビアと並行しつつTV方面でも活躍。当初は単なる「ぶりっ子キャラ」というひと昔前のキーワードで括られる存在だったが、出演番組での発言の機会が増えたことで本来の「不思議系キャラ」として認識されるようになる。
posted by アイドル水着わーるど at 23:43 | グラビアアイドル水着写真集

MEGUMI、小池栄子、ベッキー

水野裕子、ソニン等のほかに、タレントに転身した美人の元スポーツ競技選手などが、この分野で顕著な活躍を見せている。出演番組によって己の立ち位置を微妙に変えて対応する器用なタイプのバラドルも存在する。MEGUMI、小池栄子、ベッキー、東原亜希等は、自身が司会を務める番組では仕切り役、メイン司会がいる場合はアシスタント、ゲストとして出る番組では時に笑いの対象、時に視聴者(特に同年代の女性視聴者)の代弁者として番組に彩りを添える。

得てしてこのタイプは多趣味であったり多芸である場合が多く、バラエティー番組のみならず女優業等でも高い評価を得ている。また、自身の特殊な境遇を売りにするバラドルも存在する。

外見や仕種まで瓜二つの一卵性双生児というキャラクターで人気のマナカナ、金持ちの生まれでそのセレブリティなセンスを隠さずに披露する神田うの、マリエ、ベテランタレント芸人関根勤の娘という2世タレントでアメリカのエマーソン大学を首席で卒業した才媛でもある関根麻里など。

また、ファッションデザイナー森英恵の孫娘である森泉なども当て嵌まる。しかし、上記のような分類はごく表面上のことであり、全てが厳密に分けられるものではない。またそれぞれの時代で自身の芸能界でのポジションをシフトさせていくのが常である。
posted by アイドル水着わーるど at 00:36 | グラビアアイドル水着写真集

グラビアアイドルの歴史

「グラビアアイドル(以下特別な場合を除きグラドルに略記)」の歴史は、1970年代半ばより活躍したアグネス・ラムに始まるといえる。女性を扱ったグラビア掲載誌は1964年創刊の『平凡パンチ』(マガジンハウス刊)、1966年創刊の『週刊プレイボーイ』(集英社刊)などがあったが、当時の女性アイドルは、ほぼすべてがテレビ出演やコンサートでの歌手活動をメインとしていたことで「アイドル歌手」とも呼ばれ、グラビアも彼女たちと専任のヌードモデルで占められていた。

彼女たちのグラビアにおける水着披露は、歌手としての人気を獲得するプロモーションの一環に過ぎず、「あくまで本業は歌手」という括りであった。1974年に小学館からA4大判のグラビア雑誌『GORO』が創刊される。それまでの雑誌グラビアがどちらかといえば読み物記事の添え物といったような扱いだったのに対し、『GORO』は表紙と巻頭グラビアを写真家の篠山紀信が担当。

無名女性モデルのヌードからアイドル歌手、新進の若手女優を等価に扱った、『激写』という名グラビアコーナーを生み出し、セクシーさや何気ない普段着のエロスを強調したグラビアを発表。これが世に受けてグラビア写真により大きな比重を置いた雑誌として成人男性読者を中心に大きな反響を呼ぶ。そんなグラビア誌という土壌が出来つつあった翌年の1975年、初代クラリオンガールとして芸能界デビューしたのがアグネス・ラムである。

彼女はその時代性ゆえに歌手デビューも果たしているが、あくまで雑誌グラビアでの活動をメインとする点で、グラビアアイドルの始祖と呼べる存在であった。その人気は大磯ロングビーチイメージガールを初代から3期連続で務めるほど高く、雑誌グラビアが注目されるようになったのは彼女の功績が非常に大きいといえる。
posted by アイドル水着わーるど at 23:00 | グラビアアイドル水着写真集

安めぐみの水着グラビア

1995年に『ユニチカサマーキャンペーンガール』に起用され、既にグラビアでも活躍していたが、前年の『爽健美茶』のTVCMが話題となり一気にブレイク。癒し系の代表格といわれる。また井川はこの年の『東洋紡水着サマーキャンペーンガール』でデビュー。翌2000年にも『アサヒビールイメージガール』に選ばれ人気が上昇。2001年にはゴールデンアロー賞グラフ賞を受賞し、本上と共にこの後暫く続く癒し系グラドル隆盛の旗頭となった。

また既に一定の人気を得ていた優香が飯島直子と共演した缶コーヒーのCM『ジョージア』で癒し系のキャラクターへシフトチェンジし更なるブレイクを見せている。癒し系がヒットした影響を受けて、デビュー当初から癒し系を意識したグラドルが数多くデビューするようになる。酒井若菜がこの年の『日テレジェニック1999』に選出(その2年前には酒井美幸名義で『ヤングジャンプ全国女子高生制服コレクション』で準グランプリを受賞)。

安めぐみもこの年の『ヤングジャンプ全国女子高生制服コレクション』で準グランプリを受賞している。また冠タイトルには縁が無かったが、前年にデビューしていたフィットワンの乙葉も重要な癒し系グラドルの1人である。一方、癒し系とは別に、モーニング娘。に後藤真希が新メンバーとして加入。直後の楽曲『LOVEマシーン』が音楽シーンにおいて大ヒットしたことでハロプロ勢のグラビア進出がより一層華やかなものになっていた。

『フジテレビVQ』もホリエージェンシーの吉井怜、スターダストプロモーションの内藤陽子らが選出されている。なお吉井はグラビアアイドルとして活躍を期待されていた矢先の2000年、写真集撮影の際に急性骨髄性白血病で倒れそのまま長期休養に入り引退が懸念されたが、2002年に病魔を克服して復帰。その際発行した闘病記がベストセラーになっている。イエローキャブからはMEGUMIがデビュー。
posted by アイドル水着わーるど at 00:24 | グラビアアイドル水着写真集

長澤まさみ グラビア水着で活躍!

ローティーンのうちに大きな芸能オーディションで賞を獲得したアイドル候補達が、この頃続々とグラビアに進出している。その最たる存在が上戸彩と長澤まさみで、1997年に行なわれた大手芸能事務所であるオスカープロモーション主宰の『第7回全日本国民的美少女コンテスト』で審査員特別賞を受賞し芸能界入りした上戸彩が、この年に自身が出演したドラマで注目を集めた。

2000年に行なわれた『第5回東宝シンデレラコンテスト』において当時12歳でグランプリを獲得した長澤まさみが女優子役方面でも活躍しつつ、ティーンファッション誌『ピチレモン』の専属モデルを経て、徐々にグラビアアイドル誌での露出も始める。

2002年は前年の反動からか、各方面から優れた素質を持つグラドルが多数輩出された豊作の年といってよい。『ミスマガジン2002』では癒し系の系譜を引き継ぐホリプロの和希沙也がグランプリ、アーティストハウス・ピラミッドの安田美沙子がミスヤングマガジンをそれぞれ新人として受賞した。

またミス週刊少年マガジンには前年の『ポポロガールオーディション』でグランプリを受賞し妹系グラドルとして活躍していたワタナベエンターテインメントの中川翔子が選出。『フジテレビVQ2002』では前述の鎗田彩野の他、市川由衣、ファッション誌「Ray」の専属モデル香里奈、前年の『ヤングジャンプ制コレ2001(「全国女子高生制服コレクション」より改名)』で準グランプリを受賞していたスターダストプロモーションの沢尻エリカが選出され、鎗田以外の3名は数年後に若手実力派女優として開眼していくことになる。
posted by アイドル水着わーるど at 23:46 | グラビアアイドル水着写真集

グラビアアイドル 隠れ巨乳

水着着用モデルからその後の女優・歌手等への展開を一括に考え、脚光を浴びていく。「巨乳アイドル」に相対する言葉として、胸の大きさに乏しいスレンダー体型の女性アイドルを指す言葉として「微乳アイドル」という造語がある(世間一般的には同じ意味の「貧乳」という造語もあるが、相手がアイドルである事を鑑みて「微乳」と呼ばれている)。

また、胸の大きさいかんにかかわらず、形の綺麗な胸を持つ女性アイドルを「美乳アイドル」と称することもある。また最近では胸を露出しないながらも服の上からでも胸の大きさが目立つ女性アイドルも存在し、そういった場合は「隠れ巨乳」と呼ばれる場合がある。

「巨乳」という言葉が登場するまでは、見た目で大きなバストを持つ女性の事は「ボイン」ないし「デカパイ」という言葉で言い表されていた。日本において初めて公に巨乳の持ち主と認識された女性アイドルは、グラビアアイドルの祖とされるアグネス・ラムであろう。

女性アイドルはその殆どが160センチ以下の身長でバストサイズもそれに見合った80cmそこそこでAカップからCカップといった体型が主流であった。低い身長にはちきれんばかりの85cmバストを武器に歌手活動と共にグラビア方面でも人気を博した。その後この系譜に1980年デビューの河合奈保子(身長157cm、バスト84cm)、柏原芳恵(156cm、85cm)などが続いた。
posted by アイドル水着わーるど at 12:29 | グラビアアイドル水着写真集

グラビアアイドルユニット!

セクシー主体の表情作りになってしまいますが、小阪由佳の魅力は笑顔にこそ宿る、と思っている私のような人には、相変わらずの錯誤に歯ぎしりすらしてしまいそうになります。セクシー表情では、彼女の魅力は出ないのです。写真集の中にはそういう表情もあるのでしょうが、この先行グラビアを見ると、購入意欲が落ちる。

中川翔子。ブログ風の文章を伴ったグラビア。小野愛、藤川のぞみ、鈴木葉月らが選出。またテレビ朝日がフジテレビ、日本テレビに続き3つ目のテレビ局キャンペーンガールとして『テレ朝エンジェルアイ』の選出をスタート。第1期メンバーには石川恵理(現:石川エリ)、大沢安希、大城美和、樹里(同年第1回ミス・ヤングアニマルGIRLSコンテスト準グランプリ受賞)が選出される。

いま1つ地味な感がぬぐえなかった。『フジテレビVQ2001』ではティーンファッション誌『SEVENTEEN』の専属モデルだった浅見れいな、前年にバップが選出したグラビアアイドルユニット『プチエンジェル』の第1期生だった小向美奈子、ホリエージェンシーの宮地真緒(翌年『旭化成水着キャンペーンガール』に抜擢)ら好素材が選出されて気を吐いたものの、大筋この年は既存の癒し系グラドル達の勢いを止められる存在がいなかったといえるだろう。

その一方でこの時期には、小柄な妹系グラドルとして市川由衣(当時エイジ、現研音所属)、アバンギャルドの小倉優子、ホリエージェンシーの磯山さやか、今時のギャル系グラドルとしてプラチナムプロダクションの若槻千夏、大人っぽいセクシー路線として比較的高めの年齢層を狙ったアーティストハウス・ピラミッドの熊田曜子、イエローキャブからはバスト103cmという規格外の巨乳を持った根本はるみ、後に「ワカパイ」の愛称で人気となる井上和香がこの年を前後してグラビアデビューした。
posted by アイドル水着わーるど at 12:40 | グラビアアイドル水着写真集

水着アイドル 萌えキャラ

伊達眼鏡の萌えキャラというアニメや漫画などの2次元キャラクターを意識したギミックで水着グラビアと同時並行して歌手活動を開始し、主にハロプロ系ファンから熱い支持を受けた。『日テレジェニック2005』にはプラチナムプロダクションの愛川ゆず季、アバンギャルドの浜田翔子等が選出。既にグラビアではおなじみの存在であり、SUPER GTイメージガールやレースクイーンとしてサーキットでも同時に活動した。

2006年、もはや水着グラビア界は群雄割拠の時代となった。単に雑誌グラビアを賑わせるだけでなく、水着グラビアを継続したまま各方面への進出を果たし、売り出す手法も多岐に渡っている。『ミスマガジン2006』ではSMAエンタテインメントの倉科カナがグランプリに、元Linda☆Lindaで歌手経験のある松井絵里奈がミス週刊少年マガジンに、お菓子系雑誌出身の美少女として有名だった仲村みうがミスヤングマガジンに選出。

『日テレジェニック2006』は通年のような「1人がグラマーなら1人が細身、もう1人が妹系…」というバランスの取れた人選ではなく、この年から1つのコンセプトに沿った選考になった。この年のキーワードは「水着巨乳」でプラチナムプロダクションの「軟乳グラドル」として売り出していた相澤仁美、アバンギャルドの北村ひとみ、イエローキャブ(応募時。現:スイートルーム)の草場恵(同年『ミスマガジン2006』読者特別賞も受賞)、オスカープロモーションで美少女クラブ31のメンバーとして活躍していた原幹恵と全員が90センチオーバーのバストを揃えてファンの度肝を抜いた。

またグラビア界以外からの水着グラビアへの進出も多い。前年年頃からビーチバレー選手の浅尾美和がそのアイドル並みのルックスの良さと鍛えられたしなやかな肢体が注目されてオフシーズンの活動の一環としてグラビアに進出、この年に試合以外での水着写真集を発売。テレビCMにも起用された。さらに海外発のネットアイドルとして一部で爆発的人気となっていたリア・ディゾンは、来日を期待するアクセス者の後押しから日本の芸能事務所と契約し、「グラビア界の黒船」と呼ばれる逆輸入グラビアアイドルとして鮮烈なデビューをしている。
posted by アイドル水着わーるど at 12:47 | グラビアアイドル水着写真集

元芸能人の水着画像

元芸能人という肩書きが作品の売り上げ向上につながることから、女優になることが決まっている者が箔をつけるために「一旦グラビアアイドルとしてデビューしてから」という例もある。グラビアアイドルは過去から現在においても、隆盛を極めながら、その活躍の場は多様化しているといえる。

今をときめく新垣結衣のヤンジャン初登場を彷彿とさせる、nicolaのトップモデル岡本玲のヤンジャン初登場のはずですが、表紙に微小に掲載、先週の予告にも掲載されていた記憶がない。新垣結衣が「ハイティーンになるにつれ魅力が増していきそう」なnicolaトップモデルなのである。

岡本玲は「ローティーンゆえの魅力を引き出された」タイプなので、今になってのグラビア展開には若干の弱さを感じるのも事実。というか、小6から中1のころの他を圧する魅力は、まあ失われていますね。でもまあ、元気っ子路線の写真群は彼女に合っているし、その路線では十分戦えるだけの魅力はあると思います。

先入観無ければ、上戸彩並のポテンシャルを感じることが出来るかも知れない。グラビアアイドルやAV女優というエロティシズムに着目し、それを害悪とするならば、それらのメディアは、その性欲を発散させる為の良い道具にもなり、その意味おいては社会に貢献した仕事にもなっていることは事実です。
posted by アイドル水着わーるど at 12:55 | グラビアアイドル水着写真集

グラビアアイドルの受賞者

山田まりや、浅田好未(パイレーツ)、山川恵里佳、杏さゆりなどを輩出。2001年以降は週刊少年マガジン・週刊ヤングマガジン両誌共催のミスコンテストに拡大。これに伴ない名称も「ミスマガジン」に戻し、受賞者もグランプリ、ミス少年マガジン、ミスヤングマガジン、審査員特別賞、読者賞と主要5部門で1人ずつ選出するようになり現在に至る。

安田美沙子、中川翔子、和希沙也、岩佐真悠子、夏目理緒、瀬戸早妃、山崎真実、時東ぁみ、北乃きいらを輩出している。2003年以降から、グランプリ受賞者はTBSテレビ「開運音楽堂」(土曜4:45〜、関東ローカル)のアシスタントMCとしてレギュラー出演が与えられる様になった。この番組でTV初レギュラーをまず一年間経験すると言うパターンが定番化している。

因みに出演当初と卒業時を比較して見てみると、トークやパフォーマンスの向上に一定の成長を感じられる。ミスマガジン2003メンバーで2004年8月に、BMGファンハウスからCD「ユウキ」(「バーチャファイター サイバージェネレーション」主題歌)も発売された。2005年は、審査員としてプロデューサーのつんく♂が加わり主要5部門の他につんく♂賞が設けられ、時東ぁみが受賞。

グラビアだけでなくかつてのような歌手活動中心のアイドルとして活動している。2006年ではつんく♂賞の受賞者が発表されず、賞が設けられていたのかどうかも不明。時東を売り出すために特別に作った賞とも考えられる。2007年5月より放送の資生堂「uno」CM(デオドラント用品)に出演している。
posted by アイドル水着わーるど at 12:54 | グラビアアイドル水着写真集

レースクイーン・オブ・ジ・イヤー2001

2001年は表立って派手な展開はなかったものの、グラビアの転換期に入った年と見ることができる。癒し系の系譜に入る吉岡美穂が2000年に『サントリーDハイ小町』及び全日本GT選手権『マリオレーシングチーム・キャンペーンガール』となり業界入り。この年に『トリンプ下着キャンペーンガール』、そして『レースクイーン・オブ・ジ・イヤー2001』受賞を経て本格的にテレビ業界に進出。

翌2002年にかつらメーカーのCMに出たことで人気が急上昇。2002年の第40回ゴールデン・アロー賞グラフ賞を受賞した。『ミスヤングマガジン』が講談社発行の漫画誌を統合した大型オーディションにリニューアル。名称を『ミスマガジン2001』として最初にグランプリに選ばれたのは加藤未央。だが当人は大学進学を希望しグラビア活動を極力控えてしまったため、グランプリ受賞者がいきなりグラビアから遠ざかるという前代未聞の事態に。

その為かこの年のミスマガジンは勢いがつかず、現在でも目立った芸能活動を続けているのはTBS系『スーパーサッカー』で白石美帆の後を受ける形でアシスタントとして芸能界復帰した加藤と芸能人女子フットサルチーム『ミスマガジン』でキャプテンを務める鎗田彩野(現:立花彩野。翌2002年『フジテレビVQ2002』に選出)ぐらいでとても成功したとはいえなかった。原色美女図鑑枠。

彼女がいきなり原色美女図鑑、というところに意外感があって、久しぶりに買ってみました。グラビアアイドルの次の一歩、みたいな書き方をしていながら、胸の谷間強調。でも丸谷嘉長の撮りは、原色美女図鑑らしい「高級な下世話」という雰囲気になっていて、見せ方としては面白い。特にグラビアとしての魅力はないけど、これはこれ、という楽しみ方は出来ます。
posted by アイドル水着わーるど at 12:48 | グラビアアイドル水着写真集

中川翔子のグラビア

中川翔子は最近コスプレグラビア専門、みたいなところがあるけど、今回はコスプレ色を感じさせる部分はある物の、割と普通のセクシーグラビアになっています。写真の肌触りに生き生きしたものがない分、やや精彩に欠ける部分があるけど、本人の出来としては上等じゃないのかな。20世紀末に出てきた癒し系グラビアという流れは、「平成不況」という世相が反映して生まれたものであり、近年の各メディアでも多く支持される流れにある。

あくまで表面上のことであり、癒し系ならば人気が出て他は支持されない、などといった単なる二元論で判断できない事も付け加えておく。力のあるものにとっては、グラビアのスタイルの違いなどは微々たるものでしかない。総じて1970年代半ばより現れ始めたグラビアアイドルは、その時代の社会的ニーズや流行によって変遷し、その時代に則した者が大きな人気を獲得している。

業界内では「胸も顔のうち」と言われる事も多く、最初の写真集グラビア撮影時にビキニを着るのが恥ずかしくて、泣いてしまったという乙葉が「水着にならなくていいアイドルは松たか子だけと言われた」という有名なエピソードも存在する。本来グラビア露出は芸能活動のほんのワンステップに過ぎず、ある一定ラインの年齢を過ぎたら、女優やタレントに転身して行く場合が殆ど。

本上まなみや佐藤江梨子、眞鍋かをり等のようにグラビア経験者が、後に文才や芸術の才能を発揮しグラビアとは全く別のことで注目を浴びる場合も数多い。また浜崎あゆみや華原朋美、ZARDの坂井泉水など歌手として大成した人物の中にも過去にグラビアアイドルを経験している女性芸能人は多く存在する。しかし21世紀に入ると、自ら現役グラビアアイドルと公言し、グラビアを卒業せずにタレントや女優としての活動を並行して進める者が現れ始める。例として小倉優子、ほしのあき、熊田曜子、安田美沙子、磯山さやかなどはテレビで頻繁に出るようになっても尚、グラビア誌面でもトップとして君臨し続けている。
posted by アイドル水着わーるど at 14:02 | グラビアアイドル水着写真集

山口智子の水着グラビア

その一方で、前述の山口智子がその後女優活動のためにモデル事務所から現在の事務所へ移籍したように、水着グラビアモデルとその後の芸能活動とは、スポンサーの意向などが障害となって、上手くは繋がっていなかった。山口は1988年のNHKの連続テレビ小説で主演を果たし、以後は水着を封印し女優としてステータスを築いて行く。

そんな中でイエローキャブは、水着着用モデルからその後の女優・歌手等への展開を一括に考えたプロダクションとして脚光を浴びていく。「巨乳アイドル」に相対する言葉として、胸の大きさに乏しいスレンダー体型の女性アイドルを指す言葉として「微乳アイドル」という造語がある。世間一般的には同じ意味の「貧乳」という造語もあるが、相手がアイドルである事を鑑みて「微乳」と呼ばれている。
posted by アイドル水着わーるど at 00:59 | グラビアアイドル水着写真集

巨乳グラビアアイドル

1996年、雑誌グラビア隆盛を受けて、講談社の『ミスマガジン』コンテストが青年誌を舞台とした『ミスヤングマガジン』と名称を変えて復活。第1回のグランプリにはイエローキャブの山田まりやが選ばれ(山田は同年の『フジテレビVQ』にも選出)、また前述の雛形あきこが前年の活躍を評価されて第29回ゴールデン・アロー賞グラフ賞を受賞するに至り、イエローキャブの名声は『巨乳』のキーワードと共に世間に大いに知れ渡り、隆盛を極める。

その一方で、前述の山口智子がその後女優活動のためにモデル事務所から現在の事務所へ移籍したように、水着グラビアモデルとその後の芸能活動とは、スポンサーの意向などが障害となって、上手くは繋がっていなかった。山口は1988年のNHKの連続テレビ小説で主演を果たし、以後は水着を封印し女優としてステータスを築いて行く。そんな中でイエローキャブは、水着着用モデルからその後の女優・歌手等への展開を一括に考えたプロダクションとして脚光を浴びていく。
posted by アイドル水着わーるど at 23:56 | グラビアアイドル水着写真集

グラビアアイドルからの引退

『テレ朝エンジェルアイ2002』は前年の反省からイエローキャブからMEGUMI、プラチナムプロダクションから伊織、ホリプロの木南晴夏(同年に第1回『ホリプロNEW STAR AUDITION〜21世紀のリカちゃんはあなた!!〜』グランプリ受賞)等グラビア大手の事務所から選出し、冠タイトルに見合う陣容を揃えた。

グラビアアイドルとして最も重要視される要素は、外見のビジュアルとスタイル、それを保ち続ける若さである。その特異性から、永続的にグラビアアイドルでありつづけることは実質不可能であり、女性が若さを保ち得るある一定年齢を迎えるまでしか続けることができない。

一般的にグラビアアイドルは芸能界に進出するステップの1つと捉えられており、後に女優・タレント・歌手へ転身していく者が殆どである。しかしその出自ゆえ、芸能人として本来要求される会話力・歌唱力・演技力に乏しいケースも少なくない。

そのため、グラビアアイドルから退いた後も芸能界で生き残る手段を持ち合わせている例は稀であり、彼女達を世間に送り出すメディア媒体にも限界があるため、新人が次々とデビューする一方で芸能界で芽が出ずに忘れ去られて行く者が多く、「卒業」と称してグラビアアイドルを引退すると同時に一切の芸能活動から手を引く者が後を絶たない。
posted by アイドル水着わーるど at 12:33 | グラビアアイドル水着写真集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。